HOME > お知らせ > 日本の5節句

お知らせ

< 厨房の様子  |  一覧へ戻る  |  おやじの小言 >

日本の5節句

京都料亭美山荘の女将中東和子様の著書より引用
----------------------------------------------------------------------


日本の5節句

2月3日
節分の恵方巻き
七福神にちなみ七種の具材を使って巻き込んだ巻き寿司をその年の恵方に向かって除災招福を願いつつ丸かじり致します。
この丸かじりの行為はこの1年福と縁が切れぬようにとの縁起の良い意味が込められております。

3月3日
桃の節句
中国王朝時代の国王が国の繁栄を導くため亀の甲羅を割って、その割れ方で占いを行っておりました。亀の甲羅のひび割れの線が兆でそれが木に宿ると桃となり、桃は邪気を払う神がかり的な力が有るとされてきました。
周公の時代に始ったとされる曲水の宴にもこの桃酒が使われた様子です。

5月5日
端午の節句
皐月は昔の早苗月からきたもので本来は田植えの月とされて来ました、早開(さびら)きの日巫女により神の御霊を神殿に迎え豊穣を祈る田植えの儀式が行われてきました、その時の供物が早開きご飯で煎り大豆を加えたおにぎりを蕗(ふき)の葉で巻いた極めて素朴なものでした。
端午の節句には尚武(菖蒲)を重んじた流鏑馬、兜人形、鯉のぼりなど男子中心の行事が行われて来ました。

7月7日
七夕
宋の時代七夕の日に中国皇帝の御子が疫病で亡くなりその祟りを鎮める為に好物だった小麦菓子(後のそう餅)を命日に供え祀りました。それが転じて七夕にそう餅を食べると疫病が免れると伝えられて来ました。
日本では祖霊を迎える棚織(たなばた)の習慣が七夕伝説と習合し奈良時代にそう餅が登場します。無病息災を願う宮中行事の貴重な食べ物でありました。

9月9日
重陽の節句
重陽とは旧暦9月9日の事で陽(奇数)の数が2つ重なる事から目出度い日とされて来ました。
この日は中国伝来の菊の日でもあり、菊花は体内を浄化し長寿をもたらす事も知られており、日本では奈良時代から宮中で菊花の祝宴が催されましたが、民俗信仰では9月は収穫の月でもあり9日を神の日、19日を百姓の日、29日を町民の日と定め、9日を御9日(おくんち)と呼び神前に菊花酒、餅、栗ご飯を供え刈上祭が行われました。
今ではおくんち餅(米と栗を使用)が人気です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本の5節句

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.2910.cc/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/69

コメントする

< 厨房の様子  |  一覧へ戻る  |  おやじの小言 >

このページのトップへ